2016年10月26日

男と女

ミュージシャンの友人と話してて。

ジャズを教えてて、どうも最近女の子の方が男より伸びやすい気がする、と。


なんかねえ、例えばアドリブ習得の為に、あるエクササイズを課したとします。このとき、
女性は素直にこの課題をやってきて、すんなり次のステップに進むコが多いんですが、

男性は「なぜこの練習をするのか」「これで習得した事が即興と呼べるのか」
「即興とは何か」「ジャズとは何か」「音楽とは」「人生とは」「自己とは」
などなど。いやまあ、そこまで突き詰める人はあんまりいないでしょうけど。

ともあれ、なんか「そもそも論」に陥って、ぐるぐる自分の廻りをめぐるばっかりで、先へ進めなくなる
ヤツが多い気がする、と。

こんな事、男女の区別で語るのは、性差別になっちゃうのかもしれませんが、確かに傾向として、
女性には、目の前のクエストを現実的にクリアできる人が多くて、男子には少ない気がしますね。

で、ねえ、僕はこの、「そもそも論」に陥っちゃう男子って、面倒くさいけど、嫌いじゃないですね。

自分もそっちの傾向だからかもしれませんが。

目先アドリブがカッコよくでき(てるように見え)る事より、自分がなぜアドリブをするのか、てぇのは、考え続けて行きたいですよね。

posted by プンコ at 00:08| Comment(2) | 音楽話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
譜面と耳コピをつぎはぎして「暗譜」したアドリブもどきを再現するだけ。。。いつも練習したとお〜りにしかひけません。「即興」って何なんでしょう。。。一生できるようにはならないだろうな〜。。。
Posted by 譜面依存症のうさ飼い at 2016年11月02日 16:53
そんな事はないですよ〜。ノウハウさえ覚えれば。
Posted by みやまえ at 2016年11月02日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: